So-net無料ブログ作成
検索選択

映画:PUSH 光と闇の能力者 [映画]

映画:PUSH 光と闇の能力者 2009-11-17(映画館:キャナルシティ13にて)
PUSH.jpeg
解説:政府に特殊能力者として開発された人間と、彼らの能力を利用したい当局との攻防を描くSFサイキック・アクション。『ラッキーナンバー7』の俊英ポール・マクギガンが、第二次世界大戦時に実際に育成されていたという超能力スパイの逸話を基に映画化。主演は、『ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]』のクリス・エヴァンスと『宇宙戦争』のダコタ・ファニング。葛藤(かっとう)する能力者の姿や、スタイリッシュなアクションに注目。 あらすじ:ムーバー(念動力)の能力を持つニック(クリス・エヴァンス)のもとに、ウォッチャー(未来予知力)の能力を持つキャシー(ダコタ・ファニング)が現われる。キャシーはキラ(カミーラ・ベル)という女性を探し出すことを手伝ってほしいと頼むが、彼らは謎の政府機関“ディビジョン”が放った特殊能力者に命を狙われ始める。 [Yahoo!映画より]

こないだ観てきた映画です。

映画そのものというよりは、ダコタ・ファニングを観たくて行った映画です。

うまいなぁ、ダコタ・ファニングは。

それだけだったかな、これ。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 1

SUZU

TBありがとうございます。
ダコタちゃんはとても良かったですね~。可愛かった。

ラストがちょっと「…」な感じだったので残念ですね…
by SUZU (2010-11-03 22:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。