So-net無料ブログ作成
検索選択

試写会:必死剣 鳥刺し [映画]

試写会:必死剣 鳥刺し 2010-6-29(都久志会館)

鳥刺し.jpg

ストーリー:江戸時代、海坂藩の近習頭取・兼見三左ェ門(豊川悦司)は、藩主・右京太夫(村上淳)の失政の元凶である愛妾(あいしょう)・連子(関めぐみ)を3年前に城中で刺し殺すものの、寛大な処分によって再び藩主に仕えることに。亡妻・睦江(戸田菜穂)のめいであり、身の周りの世話をしてくれる里尾(池脇千鶴)との日々の中で生きる力を取り戻すが……。[シネマトゥデイより]

いきなりですが、冒頭のシーンで(あくまで伊八としては‥ですが)時代考証的にシックリしないところが目についていまい、「この調子で大丈夫なんだろか」なんてのを気にしながら観たというのもあるんでしょうが、全体的に焦点があわないままの映画だったような感じです。

それと、吉川晃司が演じている、藩主家と対立しているご別家の帯屋隼人正というのがどんな人物なのかの描き方が薄いため、ラストの対決シーンが心情的にイマイチ盛り上がりに欠けたような気もします。

豊川悦司や池脇千鶴、村上淳、岸部一徳、吉川晃司など、しっかりとした演技をしているところは好感が持てたんですが‥。

7月10日(土)から公開だそうです。

同じ時代劇でも「ナントカ ザ・さいご」よりは数段見応えはありますよ。











nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。