So-net無料ブログ作成
検索選択

試写会:十三人の刺客 [映画]

試写会:十三人の刺客 2010-9-17(福岡明治安田生命ホール)

十三人の刺客.jpg

ストーリー:幕府の権力をわが物にするため、罪なき民衆に不条理な殺りくを繰り返す暴君・松平斉韶(稲垣吾郎)を暗殺するため、島田新左衛門(役所広司)の下に13人の刺客が集結する。斉韶のもとには新左衛門のかつての同門・鬼頭半兵衛(市村正親)ら総勢300人超の武士が鉄壁の布陣を敷いていたが、新左衛門には秘策があった。[シネマトゥデイより]

チラシを見れば判りますが、まっこと、豪華キャストです。

また、別のチラシ(っていうかポスターですよね)には、「ラスト50分の壮絶な死闘!」なんて惹句があり、壮絶な殺陣も連想してしまいます。

時代劇好きがココロオドらせるような内容を期待してしまいます。

松方弘樹、いいですねぇ。やっぱ、立ち回りは安心して観ていられますねぇ。御年68歳とは思えない見事な立ち回りです。

それと、この豪華キャストのなかで目を引いたのがも一人いました。稲垣吾郎です。ゴロちゃんがこの映画を盛り上げていたのは間違いないですね。良かったです。

これから公開なので、あまり細かい感想はなしにしますが、少しだけ思ったことは、「最近の役者さんたちは、時代劇を、カッコいい殺陣を観ていないんだなぁ」です。

それともひとつ、「ラスト50分の壮絶な死闘!」は長すぎです。

最後の最後で裏切られた気がしてしまいましたが、こんなふうに思ったのは伊八だけ??

なんとも煮え切らない内容になってしまいますが‥久しぶりに試写会に行ってきました。ということで‥。







nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(21) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 6

KGR

>「最近の役者さんたちは、時代劇を、カッコいい殺陣を観ていないんだなぁ」
そう思われたら、多分成功です。

オリジナルでは「平和な時代に人を斬ったことのない侍が刀を持った時の殺陣」を表すため、殺陣を厳密に決めず、明石藩の侍は自由に動かしたそうです。

今作でどのように殺陣を決めたのかはわかりませんが、剣豪役の数名のキャストやキーになるシーンを除いては、真剣で切り合うことのない時代=かっこ悪い殺陣を意識したものと思います。
by KGR (2010-09-20 12:04) 

ihati

KGRさん、コメントありがとうございます。コメントいただくことってほとんどなかったんで、なんだかうれしいです。

なるほど、そういうことだったんですね。よくわかりました。

となると折角なんでもう一歩踏み込んで、真剣と対峙してるんですから、もしも真剣が自分のカラダに当たったり、切られたりしたら、痛かったり、下手すると死んだりすることを考えたら、あんなに勇猛果敢にしないで尻込みするようなシーンがどこかにあったほうが説得力があったかも知れませんね。
by ihati (2010-09-20 20:55) 

ななんぼ

こんばんは。
TBさせて頂きました。

チャンバラ時代劇好きの私としましては久しぶりの活劇に熱くなりました!
私は50分は長く感じませんでしたけどね。
こればかりは十人十色ですから、長いと思う方もいると思います。
なんせ私の場合は、吾郎ちゃん、市村さん、伊原さん、沢村さんとご贔屓役者がいっぱい♪しかも久しぶりに本格的な立ち回りを見せた松方さんに感激!もっと見ていたいくらいでした(笑)

今までの三池作品で好みなのが無かったので(部分的に好きというのはありますが)、最後まで見入ってしまったことの方が意外でもありました。

この映画がキッカケになってもっとチャンバラ時代劇が制作されていくことを望みます。

by ななんぼ (2010-09-29 18:17) 

ihati

ななんぼさん、コメントとTB、ありがとうございました。

そうですね、時代劇というか、チャンバラ映画って本当に少ないですよね。

そうそう、そういえば少しイメージが違うのかも知れませんが、歴史小説「のぼうの城」が映画化され、来年公開予定というのも楽しみです。
by ihati (2010-10-02 15:09) 

t-toshi

初めまして。ihati さんと同感。あんな結末は、失望、つや消し、面白くなかったになりました。みんなそう思っていると思います。
by t-toshi (2010-12-07 08:50) 

ihati

t-toshiさん、コメントありがとうございました。

あそこまで面白い作品を作ったんで、それに役者も皆、頑張っていたので、もう少しシッカリとした詰めにしてもらいたかったですね。
by ihati (2010-12-12 21:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 21

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。