So-net無料ブログ作成

映画:あしたのジョー [映画]

映画:あしたのジョー 2011-1-30(福岡明治安田生命ホール 試写会)
あしたのジョー4.jpg

ストーリー:東京の下町で捨て鉢な生活を送る矢吹丈(山下智久)は、元ボクサーの丹下段平(香川照之)にボクサーとしてのセンスを見いだされるも、問題を起こして少年院へ入ることに。丈はそこでプロボクサーの力石(伊勢谷友介)と運命の出会いを果たし、やがて少年院を出た彼らは良きライバルとしてボクサーとしての実力を磨いていく。

試写会に行ってきました。

漫画「あしたのジョー」は読んでいて、TVアニメも観てはいますが、かなり以前のことなのであまり覚えていなくて、力石徹との対決までのおおまかなストーリーが判るくらいです。

映画のほうですが、雰囲気は悪くないかなぁ。それとやはりボクシングがメインということで、矢吹丈の山下智久、力石徹の伊勢谷友介の二人の肉体がしっかりと出来ていたのが良かったですね。

特に伊勢谷友介は力石徹役なので、階級をひとつ落とすために減量しなければならないところがシッカリと出来ていて、素晴らしかったですね。

ただ、矢吹丈ってのは、ただただワルっぽいわけではなくって、時にはハジけるような笑顔や明るい表情なんかがあるんですが、その点では山下智久のほうはあまり矢吹丈らしさがなく、「あしたのジョー」なのに、ジョーというキャラクターがあまり魅力的になっていなかったように思います。まぁ、このあたりは山下智久が、というよりも脚本がそうさせたというところかもしれません。

それぞれのキャラクターからすると、伊勢谷友介の力石徹が一番違和感がないというか、ぴったりハマっていたんじゃないかと思います。

伊勢谷:力石はオススメですね。
力石徹.jpg
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(20) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 2

鍼原神無〔はりはら・かんな〕

伊八さん、こんにちは。はじめまして。
Drupal.cre.jpとのTBの交換、ありがとうございました。

映画で、山下さんが演じたジョー「あまり矢吹丈らしさがなく」に同感です。
ただ、アタシが思うには、元々のジョーにあった一面を育てたような感じもあると思って、矢吹ジョーの従兄弟くらいの感じにはなってるかな(?)とか。その辺は、山下さん健闘してるんじゃないかな、みたいに思ってますです。
by 鍼原神無〔はりはら・かんな〕 (2011-02-22 06:21) 

ihati

はりはら・かんなさん、はじめまして。
こちらこそ、TBとコメント、ありがとうございました。

おっしゃるとおり、山下(山P)さん、頑張っていたと思います。
それだけに、“らしさ”という一点で(おそらく脚本だろうと思いますが)残念だったなぁと‥。
by ihati (2011-02-24 06:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 20

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。