So-net無料ブログ作成

映画:冷たい熱帯魚 [映画]

映画:冷たい熱帯魚 2011-2-5(シネ・リーブル博多駅)

冷たい熱帯魚.jpg

ストーリー:熱帯魚店を営んでいる社本(吹越満)と妻の関係はすでに冷え切っており、家庭は不協和音を奏でていた。ある日、彼は人当たりが良く面倒見のいい同業者の村田と知り合い、やがて親しく付き合うようになる。だが、実は村田こそが周りの人間の命を奪う連続殺人犯だと社本が気付いたときはすでに遅く、取り返しのつかない状況に陥っていた。

強烈でした。

人は圧倒的な力に直面したとき、自身を保てるのか。

どんな状況になったときに人は自暴自棄になるのか。

本当に、世の中捨てたもんじゃない、のか。

園子温監督が次つぎに突きつけてくる問いかけに、ただただ圧倒されオロオロしてしまう。

そして、ヘロヘロになった最後の最後に、ダウン必至のカウンターパンチのようなメッセージを突きつけてくる。

なんてヤツだ!

全然語り足りないが、だけど、「この素晴らしき世界。園子温の手加減無しの猛毒エンターテインメント」に偽りなし。

凄い映画を観た。

園子温監督作品から目が離せない。

次回作、「恋の罪」が待ち遠しくて仕方ない。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。