So-net無料ブログ作成

映画:塔の上のラプンツェル [映画]

映画:塔の上のラプンツェル 2011-3-26(キャナルシティ13)

ラプンツェル.jpg

ストーリー:深い森に囲まれた高い塔の上から18年間一度も外に出たことがないラプンツェルは、母親以外の人間に会ったこともなかった。ある日、お尋ね者の大泥棒フリンが、追手を逃れて塔に侵入してくるが、ラプンツェルの魔法の髪に捕らえられてしまう。しかし、この偶然の出会いはラプンツェルの秘密を解き明かす冒険の始まりのきっかけとなり……。[シネマトゥデイより]

相変わらず面白いの作りますね、ディズニーは。

18年もの長い間、塔の上に閉じ込められていたのに、あのラプンツェルの明るさったら‥なんて野暮はナシで‥。

とにかく出てくるキャラクターがどれもシッカリしていて、みててとても楽しくなります。

今回、3Dじゃなくて2Dの吹替での鑑賞でしたが、ラプンツェルの吹替を担当した中川翔子の才能にビックリでした。

プロの声優にも引けを取らない素晴らしい吹替でした。

映画:ザ・ファイター [映画]

映画:ザ・ファイター 2011-3-22(西鉄ホール 試写会)

ザ・ファイター.jpg

ストーリー:地域の期待を一身に背負う名ボクサーだが、短気でだらしない性格から破綻した日々を送っている兄ディッキー(クリスチャン・ベイル)と、才能に恵まれていないボクサーの弟ミッキー(マーク・ウォールバーグ)。過保護な母アリス(メリッサ・レオ)や兄に言われるがままに試合を重ねるが、一度も勝利を収められず……。

短気だけど、だらしないけど、薬物中毒だけど、なんとなく憎めないけど、という兄のディッキーを演じたクリスチャン・ベイルが完璧です。

凄いです。





映画:トゥルー・グリット [映画]

映画:トゥルー・グリット 2011-3-20(天神東宝)
トゥルー・グリット.jpg

ストーリー:父親を殺された14歳の少女マティ(ヘイリー・スタインフェルド)は、真の勇気を持つといわれる保安官のコグバーン(ジェフ・ブリッジス)に犯人の追跡を依頼。テキサス・レンジャーのラビーフ(マット・デイモン)も加わり、かたきのチェイニー(ジョシュ・ブローリン)を追うこととなる。

それほど派手ではないですけど、西部劇というのを楽しめる映画に仕上がっています。

ジェフ・ブリッジスは相変わらず、なかなかの存在感なんですが、マット・デイモンがいいですねぇ。なんか芸域が広がってきてるなぁと感じます。

にしても、ポスターでは大きくクレジットされていないんですけど、ヘイリー・スタインフェルドって子は‥。

これが長編映画初出演なんだとか。

また、新しい才能がでてきました。










映画:英国王のスピーチ [映画]

映画:英国王のスピーチ 2011-3-3(天神東宝)

英国王のスピーチ.jpg

ストーリー:幼いころから、ずっと吃音(きつおん)に悩んできたジョージ6世(コリン・ファース)。そのため内気な性格だったが、厳格な英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)はそんな息子を許さず、さまざまな式典でスピーチを命じる。ジョージの妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は、スピーチ矯正の専門家ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)のもとへ夫を連れていくが……。

王室があんな風にお供もあまりなく外出ができていたイギリスって、昔はオオラカだったんだなぁ、と。

今じゃとてもあんなことは出来ないんでしょうけど。

評判通り、なかなか面白い映画だったんですが、これってアカデミー賞の作品賞を含む4部門をとったんだよって言われると、ん〜、って‥ね。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。