So-net無料ブログ作成

映画:ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2D) [映画]

映画:ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2D) 2011-7-15(天神東宝)

ハリー・ポッターと死の秘宝PART2.jpg

ストーリー:ハリー(ダニエル・ラドクリフ)は親友のロン(ルパート・グリント)、ハーマイオニー(エマ・ワトソン)らと共に旅に出る。それは長年の宿敵ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)抹殺の手掛かりとなる分霊箱を求めての旅だった。だが、魔法省やホグワーツ魔法学校が次々と死喰い人の傘下に入る中、もはや誰の身も安全ではなく……。[シネマトゥデイより]

だけど、スゴいポスターだなぁ、「ハリー・ポッター」なんてどこにも書いてないんだけど‥。

2001年公開の「ハリー・ポッターと賢者の石」から足かけ10年、主要なメンバーの変更もほとんどなく、しかもそれまでの作品を観ておかないと判りにくい、というか判らないような作りになっているにも関わらず、ヒットを続けてきたハリー・ポッターシリーズがとうとうこの作品でendということになりました。

映画界の偉業といってもいいんではないでしょうか。

こんな作り方でも問題なく公開できるってのは、以前だと考えられませんでしたが、やはりセルやレンタルで手軽に、安価に、いつでもそれまでの映画が愉しめる今だからこそなんでしょう。

映画の内容について、あれこれツッコミどころもありますが、そんなことより10年間、ハリポタシリーズを鑑賞できたことが愉しかったですね。

ハリポタシリーズ、面白かった。

あっ、忘れてた。「ハリー・ポッターと賢者の石」だけは本を読んだんだった。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

映画:がんばれ!ベアーズ [映画]

映画:がんばれ!ベアーズ 2011-7-15(天神東宝)

がんばれ!ベアーズ.jpeg

かつてはマイナー・リーグで活躍した事もあるプール清掃人バターメーカー(W・マッソー)は、市議会からの要請で少年野球チーム“ベアーズ”のコーチを任せられる。だが問題児ばかり抱えた“ベアーズ”が強くなる事など絶対不可能だと知ったバターメーカーは、昔の恋人の娘で抜群の投球センスを持つアマンダ(T・オニール)と、オートバイを乗り回している不良少年ケリー(J・E・ヘイリー)をチームに加え、連勝街道に乗り出していく。[allcinemaより]

昔、観損ねていて、その後、レンタルなんかでもナントナク手を出さなかった(1976年の)作品でしたが、今回、午前十時の映画祭の一本として劇場で観られることになったんで、行ってきました。

あのころから、少年野球といえども、勝ってナンボだったんですね。

にしても、昔の映画ってムチャなことを平気でやってます。

不良少年のケリーにはタバコをスパスパ吸わせているし、監督のバターメーカーには爆弾(ビールにウイスキーをいれたヤツ)を飲ませてるし、てか、あんなの飲んでたら体壊してしまいますよ。

そういえば、アマンダ(テイタム・オニール)がバターメーカーに、「ボイラーメーカー」って呼びかけるシーンがあって、それこそビールにウイスキーをいれたカクテルの名前なんですが、思わず笑ってしまいました。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画:ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を超える [映画]

映画:ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を超える 2011-7-12(キャナルシティ13)

ハングオーバー2.jpg

ストーリー:フィル(ブラッドリー・クーパー)、ステュ(エド・ヘルムズ)、アラン(ザック・ガリフィナーキス)、ダグ(ジャスティン・バーサ)の4人はステュの結婚式に出席するため、一路タイへ。ラスベガスでのバチェラー・パーティーの二の舞を避けようと、ステュはつつましいブランチを計画していた。しかし、翌朝二日酔いで目覚めると部屋はメチャクチャ、新郎の顔には入れ墨が刻まれ、花嫁の弟は行方不明、代わりに1匹のサルがいて……。

前作と同様の流れですが、悪くないってか、面白かったです。

ラストをハートフルにしてくるのかと思ってましたが、そこんとこチョット不満が残るところですね。

「R18無修正バージョン」で観たかったんですが、東京のみの公開で福岡ではやっていませんでした。

ん〜、残念!





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

映画:127時間 [映画]

映画:127時間 2011-7-3(天神東宝)

127時間-1.jpg
127時間-2.jpg

ストーリー:アメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン。ロッククライミングをしていた登山家のアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は落石事故に見舞われ、右腕を断崖に挟まれたまま身動きが取れなくなってしまう。助けを呼ぶ術もなく5日間が過ぎ、命も尽き果てようというとき、アーロンは自身にある決断を下す。[シネマトゥデイより]

アーロンは、岩に右腕が挟まれたあと、その岩を削ろうとしたり、持ち上げようと試みたりするのですが、かなり早い段階で、「助かるにはあんなふうにするしかない」と分かっていたんでしょうね、おそらく。

そしてそれを実行に移す決断をするのに必要だった時間が127時間なんでしょうね。

そして、その踏ん切りをつけさせたのが、家族に、友に、みんなに会いたい強く思う心だったんでしょう。

「気を失うな!」と自身に言い聞かせながら。

生きていることは素晴らしいこと、というメッセージが伝わってくる、いい作品でした。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。